スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
1-(1) 産業カウンセリングの源流
1)背景
1900年代の初めのアメリカでは、急速な工業化が進み、
若者達は工場労働者になり、適正や興味を考慮されなく仕事を与えられた。
その結果、一年も経たないうちに退職するものが多かった。
そして、孤独と生活苦から悪に染まるものが続出した。
こうした中、若者達を救おうとする社会運動が起こった。

2)主な運動と運動家  食パン競争を整備していくわれらの年
                (職パー、教ソー、精ビして1900年代)

職業指導運動⇒職業カウンセリングの礎。
パーソンズ(アメリカの弁護士)
1908年ボストン市民厚生館に「職業局」を設け、職業カウンセリング
 開始し、相談員をカウンセラーと呼んだ。
・1909年「職業の選択」が出版(科学的な職業選択とカウンセラーの働き)。
・科学的な職業選択→マッチング、適材適所
 ア)自分の能力、興味、個人的諸条件の理解。
 イ)その職業が必要とする資格、適正、報酬、将来性などの分析。
 ウ)自己理解職業分析や理解による合理的判断(丸い釘は丸い穴に)。

教育測定運動⇒キャリアカウンセリングの基
(学校教育分野で広がり、職業指導運動と合体して、特性因子理論へと発展)。
ソーンダイク(アメリカのコロンビア大学教授)。
・個人の能力、適正などを正しく捉えるための測定技術「心理診断法」の発展。
1914年教育測定一回大会において「全て存在するものは量的に存在する。
 量的の存在するものは測定できる」。
・著書「精神的社会的理論」。

知能検査の開発:ビネー(フランスの心理学者)。
・医師シモンの協力。
・ビネー式テスト。

知能指数(IQ)の概念:ターマン(アメリカ)。
1916年フランスのビネー式テストを、改訂、標準化し、知能指数の概念を導入。

精神衛生運動⇒メンタルヘルスカウンセリングの基。
※ビアーズ(アメリカ )。
1908年「我が魂にあうまで」(兄を脳腫瘍で無くしたことでうつ、妄想が出現し、
 自殺を図った。三度に渡る入院や転院の体験記)
1908コネチカット州精神衛生協会設立し会長になった。
(マイヤー、ジェームス、ウェルシュ、心理学や医療関係者などの協力と支援)。
1930第一回国際精神衛生会議開催⇒精神衛生運動が世界規模になった。
・初期には、患者の現状調査や改善に力を注いだが、後には、予防、健康の保持・向上を主張。
| れいこ | 01. 産業カウンセリングの発展 | 13:04 | - | - |
1-(2) アメリカにおける産業カウンセリングの発展
1920年代に入って、アメリカの企業が従業員の職場適正のために援助の必要性を認めるようになった。発展の原動力となった研究。
●ホーソン実験:ハーバード大学のメイヨー教授(心理学の専門家)ら
・シカゴ郊外にあるウエスタン・エレクトリック社のホーソン工場の、
 従業員の不平不満に対する実験
・能率や生産性の向上には、作業環境や労働条件よりも従業員の態度(モラル)であり、
 職場の人間関係ではないかとされた
・1928年から不平不満を分析する面接計画の実施→気持ちを汲み取るには不十分であった
・1929年面接方法の改正→言いたいことを自由に言わせる。面接官も傾聴の訓練済み
            結果:不平不満が吐露された
・1936年面接制度発足→人事相談が開始された

●メーシー百貨店:精神科医アンダーソン博士
・1924年ごろから4年にわたり、チームを組んで従業員との面接を行った。
・「従業員の行動の徴候だけを見て問題視するのでなく、その行動の奥にある
  原因を調べてカウンセリングを行うことによって、彼らの適応をより高める
  ことができる。それは本人のためだけでなく、会社にもメリットがある」
・面接の結果:1/3が退職し、2/3の勤務態度が向上
 →(新規採用や教育訓練にかかる費用が節約できた)

●オークリッジ工場
・テネシー州オークリッジは第二次世界大戦後、農業地帯から工業地帯に急変し、軍事機密に対する厳しい守秘義務などによって、社員に神経症、情緒不安定、ホームシック、子供の飛行などの問題が続出。
・解決策:ア)社員寮付きカウンセラーを任命。
     イ)精神的ケアのための病院作りや、早期発見・早期治療。
・結果:抑圧されていた心の悩みを吐き出すことができ、心身の適切な治療が
    受けられる大きな効果があった。

●キャタピラープログラム。
・大手トラクターメーカー キャタピラーの従業員離職、欠勤、事故などの
 問題改善計画。
・1940年ごろ、定着と健康改善を計るための計画。
・特色:全て心理学者(サイコロジスト)主導のもとに企画・実施された。
・下記の計画によって、職場不適応の改善、災害防止などに大きな効果があった。
ア)採用にあたって、知能テスト、適正テスト、情緒的適応テストと面接などを実施。
イ)心の悩みについて、「パーソナルコンサルタント」によるカウンセリングの実施。
ウ)採用担当者や管理監督者に対し、心理学的知識や面接スキルなどの教育訓練。
エ)全従業員に対し、精神衛生に関する読書指導の実施。

●EAP(Employee Assistance Programs:従業員援助制度)。
・従業員へのカウンセリングを専門機関に委託するアウトソーシング。
・1940年代に従業員と家族のアルコール依存症による企業損失対策として始められ、
 著しい経済効果を挙げた。
・特徴。
ア)問題解決を援助することが作業能率と生産性の向上につながるという考え。
イ)短期カウンセリングを原則とする。
ウ)従業員に対する教育、啓発、広報、リサーチ評価など手広く請け負っている。
| れいこ | 01. 産業カウンセリングの発展 | 14:57 | - | - |
1-(3) 日本における産業カウンセリングの発展
●日本における産業カウンセリングの導入と発展。
・戦後まもなく、アメリカから「生産性」とともに「人間関係管理」の考え方を
 導入し、そのひとつとしてカウンセリングの理論と技法が、1950年代後半
「日本電信電話公社」によって初めて導入された。
・同公社の「近畿電気通信局」で1954年から試験実践し、その後全国に人事相談室を
 設け、選任の相談員を配置した。これが日本での選任カウンセラー配置の最初。
・1956年ごろより国際電信電話会社、松下電器、明電舎、国鉄、神戸製鋼などが導入。

●日本産業カウンセラー協会と産業カウンセリング。
・1960年「第一回産業カウンセリング全国研究大会」が立教大学で開催。
・1961年「日本産業カウンセラー協会が誕生」。
・1970年4月 労働大臣の認可により社団法人となり今日の基板が成立。
・初期活動:産業カウンセリングの調査・研究・啓蒙が主眼。
 次第に:産業カウンセラーの養成・訓練・資格試験に力を注ぐ。

●日本におけるEAPと産業カウンセリング。
・日本のEAP的サービス内容→カウンセリング・管理職や人事労務への研修・治療機関への紹介やフォローアップ。
・日本で最初の導入:1996年米国系企業のモトローラ日本法人。
・1998年日本EAP協会設立。
・EAPの特徴である短期カウンセリングは原則として3回で終えることを目指す。
・その内容↓。
ア)傾聴を基本として受容的、共感的に理解し、関係性を築く。
イ)来談者の認知や行動の変化を図り、課題を出し、結果を次回報告させる。
ウ)行動変化の継続や増進を確かめ、課題の実践を確認する。
 それにより、問題が解決したことを確認する。
 効果が得られない場合はほかの専門家に紹介して終了する。
| れいこ | 01. 産業カウンセリングの発展 | 14:24 | - | - |