スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
7-(1) 傾聴の意義
(1)傾聴の意味。⇒クライエントの話をじっくり共感的に聴くこと(カウンセリングの基本。)
○2種類の相談がある。
 1.明確な答えがあり、必要な情報を与えることで解決できること。
 2.明確な答えが無く、自分でもどうしていいのか分からない心理的な問題。
 (その人が自分自身の考えや可能性に気づき、自分自身で納得いく結論に達するまで付き合う。)。
○人間観。
・自己成長力と自己実現傾向を持っている。
 →自分の力で成長したり、悩みを解決する能力を持ち、自分の可能性を自律的に実現していこうとする傾向。
・クライエントのことを知っているのは、クライエント自身。
 →カウンセラーがじっくりと話を聴き、鏡となってクライエントの気持ちや考えを反映。
 →クライエントは自分自身を見つめなおし、自分の問題を整理し、成長する方向へ起動。
○共感的理解。
 ・クライエントのものの見方、感じ方、考え方を理解することが重要。
○信頼関係構築。
 ・カウンセラーの積極的傾聴によって、評価せずに受け入れてくれるという安全な雰囲気を感じるときに本音の交流ができ、信頼関係が構築される。
○傾聴の機能。
・抱える機能:クライエントを受け入れ、見守る。
・揺さぶる機能:クライエントの問題や悩みを意識化させる。→新しい可能性の発現。
-------------------------------------------------------
(2)傾聴の基本的態度。

(1)カウンセラーの3つの基本的態度の条件。
1.自己一致:自分自身の感情を、素直に純粋に受け入れること。
2.無条件の肯定的配慮:相手を独自の存在として尊敬する態度。
3.共感的理解:相手の主観的な見方、感じ方、考え方をその人のように理解すること。
(クライエントがどのような基準で物事を見ているか、何を言いたいのかを理解する)。

(2)傾聴の8つの留意事項。
・傾聴は心構え。
・クライエントが話す事柄よりも背後の感情に焦点。
・カウンセラーの価値化判断は保留。
・早急な答えを出さない。価値観を押し付けない。
・「無知の姿勢」「教えてもらう姿勢」でじっくり聞こうとする心構え。
・クライエントの言ったことを正しく理解しているかを確認する。
※クライエントの言葉を繰り返したり、自分が感じたとおりの言葉で言い表してみる。
※クライエントが納得したときには安心感を与える。
・相手の言葉だけでなく、非言語的な態度にも目を配る。
・自分の状態に気づく→クライエントの感情への巻き込みに落着いて対応が出来る。

(3)傾聴の効果。
・クライエントの内面的な変化や人間の正当に効果的。
1.信頼関係の構築。
2.クライエントの自己理解の促進。
3.カタルシス効果の促進。→クライエントにゆとりと自己開示をもたらす。
4.自己理解の促進と変容への展開。
| れいこ | 07. 傾聴の意義と技法 | 15:13 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:13 | - | - |