スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
10-(1) 職場とストレス
(1)ストレス⇒セリエ(カナダの生物学者)が呼称。
■ストレスとは?
・ストレス:生体が外部から物理的・心理的・社会的に刺激を受けて、緊張・歪みを起こすこと。
・ストレッサー:ストレスを起こす物理的・心理的・社会的な刺激。
・ストレス反応:ストレッサーに順応、適応しようとして起こる一種の防御反応。
■セリエのストレス学説。
・非特異的症候群(障害因子により引き起こされる生体の共通な反応)。
 @副腎の肥大(内分泌系)→月経周期異常など。
 @胸腺・リンパ系の萎縮(自律神経系)→風邪にかかりやすくなる、癌の発生など。
 @胃・十二指腸潰瘍の発生(自律神経系)
 @全身適応症候群(汎適応症候群)の概念→警告反応期・反抗期・疲はい期。
 (ストレッサーが持続的に加えられたときの生体の抵抗力)。
 @警告反応期:「ショック相」「反ショック相」。
  ショック相→ショックに陥り抵抗力低下。
  反ショック相→ストレッサーに対する積極的な防衛。
 @抵抗期:ストレスの持続が神経、内分泌系、免疫系が作動して抵抗力を高める期間。
 @疲はい期:ストレスの長引きや過剰で起こる→最悪は死。

■心身の反応。
・身体化:ストレスによる影響が様々な身体症状として現れること。
  (肩こり・倦怠感・疲労感・頭痛・動悸・目まい・下痢・食欲不振・睡眠障害など)。
 @身体疾患→器質的障害と機能的障害がある。
 (器質的障害:消化性潰瘍(心身症)・気管支喘息(心身症)など)
 (機能的障害:偏頭痛(心身症)・過敏性腸症候群(心身症)など)
・情動化:情動反応(不安・緊張・過敏・焦燥・抑うつ・気力低下・意欲減退など)。
・行動化:生活習慣の乱れと関連した行動様式の変化。
 (ギャンブル・アルコール依存・出社困難・ミス・作業能力低下・自己頻発など)。

■快ストレスと不快ストレス。
・ストレスには「快ストレス」と「不快ストレス」がある。
 @快ストレス(よいストレス):運動・目標・夢など→適度なストレスは交感神経を活性化し抵抗力をつける。
 @不快ストレス(悪いストレス):不安・過労など→不快や病気を誘う。
・適度な快ストレスは、交感神経を目覚めさせ「判断力」「行動力」を高める。
・過剰で慢性的なストレスは、不快になったり病気を誘う。
・適度な快ストレス→セリエ「ストレスは人生のスパイス」という。

■ストレス状態の成り立ち。
・ストレッサーへの反応には個人差がある。
・受け止める固体側の条件によって規定。
・身体の抵抗力や個人の人生観・価値観・性格・親から受け継いだ素質も関係する。
・ストレス(状態)の成り立ち。
 ストレス=ストレッサー×受け取り方(素質・性格(身体的条件とメンタルな要素))。

■ストレスと生産性(心理的・生理的効率)。
・過少ストレス→人間の行動を適度に活性化し、快適で張りのある生活を可能にし、心理的・生理的に生産性や効率の高い状態をもたらす。
・過剰ストレスや長期ストレス→不快感や過労、病気などの害をもたらし、生産性や効率が悪い。
-------------------------------------------------------
(2)ストレスへの反応。
■ストレスコーピング:ストレス対処法(ストレスとうまく付き合う方法)。
・ラザルスの8種類のストレスコーピング。
 1.直面的対処。
 2.距離をおく。
 3.自己コントロール。
 4.社会的支援を求める。
 5.責任を引き受ける。
 6.逃避、非難。
 7.計画的な問題解決。
 8.積極的な再評価。
■ストレスマネジメント:職場での心身の健康管理のためのストレス対策。
・「自己管理の側面」と「集団管理の側面」がある。
 @自己管理の側面→ストレスコーピング・自律訓練法(シュルツ)・リラクセーション・バイオフィードバックなど。
 @集団管理の側面→8種類ある:(人事管理・人間関係・作業管理・作業環境管理・責任の重さのコントロール・教育訓練・健全な労使関係・福利厚生、文化、スポーツ、相談とソーシャル・ケースワーク)。
・ストレス対処の「3つのR」。
 @休養・睡眠(rest)→「休めない・仕事をしないと落ち着かない」は危険信号。
 @リラクセーション:「不安な心はリラックスした身体に宿ることはできない」(ジェイコプソン)。
 @運動・旅行・趣味(recreation)→うつの人に旅行を勧めてはいけない。
-------------------------------------------------------
(3)職場のストレス要因。
■ストレッサーの種類。
・物理的・化学的・生物学的要因。
・人間関係に起因するもの。
・仕事の質や量、条件に関するもの。
・仕事への適性。
・昇進・昇格・定年・解雇などの不安。
・その他(労働災害・単身赴任など)。
■ストレッサーの測定。
・ホームズらのライフイベント法。
 @重要と考えられるライフイベントの「43項目」を抽出。
 @ストレスの及ぼす強度を客観的に数値化:生活変化単位値(LCU)。
 @上位3つ→1位:配偶者の死(100) 2位:離婚(73) 3位:配偶者との別居(65)。
 (7位:結婚を50とし、基準値に設定)
| れいこ | 10. 職場のメンタルヘルスケア | 15:00 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:00 | - | - |