スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2-(1) カウンセラーの意義と役割
●産業カウンセリングの目的。
・産業カウンセリング:産業社会で行われるカウンセリング活動の総称
・目的:勤労者の人間的成長を援助すること。
・産業カウンセリングとは、働く人の生涯にわたる成長過程を通して、その人が効果的に機能できるように、個人的・社会的技能を身につけ、さまざまな問題解決意思決定の能力を発達させることを援助する過程。
●(倫理綱領(定義)2条):産業カウンセラーの定義。
呼称に関わらず社団法人日本産業カウンセラー協会が認定した有資格者(キャリアコンサルト有資格者を含む)。
●基本理念。
※(倫理綱領(使命)1条):人間尊重を基本理念として個人の尊厳と人格を最大限に尊重し、深い信頼関係を築いて勤労者に役立つことを使命とする。
・(使命1条-2):個人の尊厳と人格の尊重。
社会的現象や個人的問題はすべて心のありようにより解決できるという立場をとらず、勤労者の問題は、勤労者を取りまく社会環境の在り方と関連していると捉える。
・(使命1条-3):勤労者に役立つこと。
産業の場での相談、教育および調査などにわたる専門的な技能をもって勤労者上質な職業人生(Quality of Working Life)の実現を援助し、産業の発展に寄与する。
※(倫理綱領(基本的立場)4条):人間尊重。
1・職務を行うにあたり、人種国籍心情性別年齢社会的身分、または門地等により差別しない
2.社会的・文化的・歴史的に形成された差性(ジェンダー)が固定化する慣行を見直す視点で行動する。
※(倫理綱領(責任)3条):社会的に期待される働く人への援助専門家として社会的識見とカウンセリング等の専門的技能を保持し、人格の養成に努める。
・(3条-2)援助専門家:援助専門家であることを自覚し、健全なる精神を保持して日常の行動においても慎みを持ってあたるよう努める。
・(3条-3)人格の養成:いかなる厳しい問題に直面しても、自己の健全な心の状態を維持できるよう訓練しておかなければならない。
・(3条-4)健全なる精神:自己の身体、精神あるいは諸事情の損傷によって援助専門家として健全性を欠き、他者を毀損する恐れがある場合は、その仕事の一部あるいは全部について差し控える
・(3条-5)慎みを持ってあたる:マスメディアに対して意見を発表する場合は、個人的意見であることを明示し、組織としての考え、意見、見解は差し控える。
●産業カウンセリングの職域。
・「産業の場」とは、働く人々のいる職場であり、組織化された集団。
(産業=企業ではなく、学校、病院、各種団体、公共団体、保育園損その他の施設)
●産業カウンセラーに必要な条件。
・カウンセリングの学識・技能
・産業の場に密着に関連する関係諸科学等の専門技能・知識
●産業カウンセリングの対象。
※対象とする人。
組織化された集団で働く人すべてとその家族
・経営者も含み、双方の架け橋としての社会的役割
・働くことを求めている人の進路指導や職業選択
※対象とする事項。
・働く人の職場生活上の諸問題(職務や職場の問題)。
・働く人の職場生活に関連する背景事情
●主な機能:相談機能教育機能環境調整機能
| れいこ | 02. 産業カウンセラーの役割と活動 | 01:52 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:52 | - | - |